春の大型アオリイカは底にいる場合が多い エギング注意点についての基本説明 ラインチェックはマメに行ないましょう 和歌山 釣太郎

この記事は2分で読めます

ご覧頂きありがとうございます。
管理人おすすめの『エギング』動画をご紹介しています!

スポンサーリンク

今回の紹介動画はこちら

『南紀和歌山釣太郎』さん
「春の大型アオリイカは底にいる場合が多い エギング注意点についての基本説明 ラインチェックはマメに行ないましょう 和歌山 釣太郎」です。
とっても参考になりますよ!
春は大型のアオリイカが狙える季節ですが、大抵中層より下側つまり海底付近にいる場合が多いのが特徴。それにはエギも沈ませて海底ギリギリを狙うしかありませんが、どうしても根ずれラインがすることが起こりますので、折角ひっとしたのにラインが切れた、ということのないようにラインチェックは頻繁に行いましょう。

☆釣太郎公式HP 

和歌山みなべ町、白浜町で24時間営業、
現地型釣りエサ店の釣太郎です。
ホ-ムページ、ブログ、動画を毎日情報発信しております。

☆釣太郎ブログ

☆~和歌山 南紀地方の釣りについて~☆
南紀地方では
春には、大型アオリイカ、キス(シロギス)、豆アジ、石鯛、サヨリ、ヒラスズキ、
夏にはイサギ、コロダイ、バリコ(アイゴ)、チヌ(クロダイ)

秋にはイガミ(ブダイ)、新子のアオリイカ、タチウオ、カマス

冬にはアジ、カサゴ(ガシラ)、タチウオ、青物魚(ブリ・メジロ・ハマチ)、グレ(メジナ)等々が釣れます。

特にアオリイカのヤエン釣り、キス投げ釣りは人気を博しております。

・水槽の設備は県下一の規模
・観賞用の魚も飼育(釣太郎みなべ店)

活アジ、活けイワシ、活けクルマエビ、アオイソメ、イシゴカイ、ガンガゼウニ、サルボ貝、サザエ、ホンダワラ等の生餌を中心に、アミエビ、キビナゴ、魚切り身、釣り堀用ダンゴをはじめオキアミと集魚材の品揃えは紀南随一を誇っております。
南紀は低い磯が多いのですが、毎日波に洗われるのでとても綺麗で貝類、海藻類は豊富で干潮時には多くのタイドプール(潮溜まり)ができ、春から秋にかけて多くの小さな生物を見ることができミニ水族館さながら。
またはじめて磯釣りをされる人にも安心して利用できる地磯がたくさんあります。
砂浜からもアオリイカやキスが狙えるので、のんびり過ごしたい人、家族団らんには最適な釣り場。
堤防はみなべ店前をはじめ多数あり、車を横付けで竿を出せる人気堤防も。
奇麗な海で竿を出せば、みんな笑顔でストレスもぶっ飛ぶかも(笑)。
あなたのエギングのお役立て下さい!
それではいってみましょう!

エギング動画はこちら

春の大型アオリイカは底にいる場合が多い エギング注意点についての基本説明 ラインチェックはマメに行ないましょう 和歌山 釣太郎

スポンサーリンク

【今回の紹介動画の詳細はこちら】
■投稿者:南紀和歌山釣太郎
■公開日:2018-02-14 18:30:00
■視聴時間(分:秒):2:51
■視聴回数:81 (※紹介時現在)

いかがでしたか?
その他、おすすめ釣り動画も紹介しています。
よかったら見ていってくださいね★

 

Twitter でFishing Movieをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA