#149 パターンを見極めて攻略! 千葉県・内房シーバス

この記事は1分で読めます

ご覧頂きありがとうございます。
管理人おすすめの『シーバス釣り』動画をご紹介しています!

スポンサーリンク

今回の紹介動画はこちら

『SHIMANO TV 公式チャンネル』さん
「#149 パターンを見極めて攻略! 千葉県・内房シーバス」です。
とっても参考になりますよ!
鈴木斉 使用タックルロッド :ディアルーナXR B900ML
ディアルーナXR S906MLリール :エクスセンスDC
ステラC3000XGライン :ミッションコンプリートEX8PE 0.8号、1号リーダー :オシアリーダーEXフロロ5号、6号ルアー :エクスセンスサルベージ85ES
エクスセンストライデント115S AR-Cライフジャケット :XEFO・ショートゲームベスト VF-274Lウェア :XEFO・ドライシールド-HD・ウォームスーツ RB-224K(ミッドナイトブルー)キャップ :XEFO・ニットワッチキャップ(ツバツキ) CA-285L(ブラック)
あなたのシーバス釣りのお役立て下さい!
それではいってみましょう!

シーバス釣り動画はこちら

#149 パターンを見極めて攻略! 千葉県・内房シーバス

スポンサーリンク

【今回の紹介動画の詳細はこちら】
■投稿者:SHIMANO TV 公式チャンネル
■公開日:2015-09-03 01:12:55
■視聴時間(分:秒):33:46
■視聴回数:58412 (※紹介時現在)

いかがでしたか?
その他、おすすめ釣り動画も紹介しています。
よかったら見ていってくださいね★

 

Twitter でFishing Movieをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • ryumyaku011
    • 2017年 10月12日

    小沼とかは、自分が釣ることにだけ固執して、どうやって釣ったのかを教えない。それがプロだと思っている。
    結局、自分自身パターンを解明出来ていないことが多く、情報だよりで、再現性のある釣りや、連発が出来なくなってきている。タックル開発も未だにレバーブレーキに拘っていたり、鈴木のようにベイトタックルの進化を取り入れたり、シマノとの共同開発的な仕事も出来ない。
    DCブレーキが格段に進化したことにより、ベイトタックルでの細糸PEの使用が現実味を帯びている。
    最新の17エクスセンスDCはスプール径も37mmと大きく進化し、飛距離、ブレーキ性能、巻取りスピードなどスピニングと遜色がない。PEの1号を完璧に制御出来る。ナイトゲームでもバックラッシュを恐れずキャスト出来るとなると、10g以下のルアーをキャストするなどでない限り、ベイトタックルの優位性も高くなる。
    今回のような水深のあるフィールドで、「バイブレーションのフォールであたりを取る」ようなシュチュエーションではベイトが俄然有利となる。ベイトDCの開発では村田基がオーソリティーではあるが、アンタレスのブレーキを「海で使えるように」「PEでも使えるように」「夜でも使えるように」カスタマイズした鈴木の努力も賞賛に値する。
    自分の研究開発したタックルを活かせるシュチュエーションを選んだロケをしていることがこの動画でも分かり、メーカーに名前を貸すだけのナンチャッテ開発ではないことも分かる。

    12エクスセンスDCも素晴らしいが、17が進化した点を幾つか示す。

    1 スプール径34>37mmにUP。単純に飛距離が出る。スプール径が大きくなると、巻取りスピードも速くなる。
      これは、ブレーキ制御能力が向上したことも示す。
    2 ナロースプール化。スプールの幅がPEの使用を前提に狭くなった。細糸の使用が前提となるので幅の広いスプールは要らない。ナロースプール化で、レベルワインドの抵抗も少なくなり、飛距離の向上にも貢献。キャスコンなども小さくなり、ボディがコンパクト、ハンドルの位置も中央寄りに修正される。
    3 ブレーキ設定がより細かく、実用的になる。
    4 HAGANEボディ、マイクロモジュールギアにより、「巻きの滑らかさ」「巻き感度」のUP。
      スピニングはリール本体を持つことはないが、ベイトリールはパーミングで本体を掴むので、リールの感度の意味がある。
    5 ベイトリールのドラグはもちろんステラなどのスピニングリールに遠く及ばないが、それでも向上してはいる。
     12年モデルよりは実用的に効く。

    スピニングタックルよりもベイトタックルが優れている点

    1 巻取りトルク。ポンピングせず、シーバス程度なら寄せられる。
     ストラクチャーが多いフィールドでは強引なやり取りも出来る。
    2 キャストしたラインが螺旋を描かないので、糸ふけなどが無く、ダイレクト。
    3 ベールの返しなどがなく、キャストも小技が効く。
    4 PEを使えるなら、DCブレーキでルアーの飛行姿勢を安定させることができるので、飛距離が伸び、アキュラシーもUP。
    5 ロッドブランクスのバッドでしっかり合わせを決めることができる。スピニングはティップで掛けることが多いので、初心者はバラシが多い。
    6 長時間の回遊待ちなどでは、リールをぶら下げて、ロッドを握りしめるスピニングタックルよりも、下から支える
    ベイトタックルの方が疲労が軽減される。
    7 潮や河の流れを読むなど、巻き感度、リールをパーミングすることで得られる情報が多い。
    8 クラッチを切った状態でもスプールをサミングして即アワセを入れられるなど、フォールでアタリを取ったり、スプールをフリーにしてドリフトさせるなどの状況でもアタリを取り、合わせることができる。
    9 PEラインが螺旋を描いてガイドに当たることが無いぶん、ラインの消耗が低い。

    ベイトが劣る点

    ・ドラグ
    ・バックラッシュリスク
    ・何が何でもフリーでルアーを落とす時。

    • 異端project ReviathaN
    • 2017年 10月12日

    どうでもいい事だけど「まぁ」多くね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA